組織概要 施設紹介 採用情報 お問い合わせ
JAたいせつ米 特産品 JAたいせつオンラインショップ 田んぼアート 広報誌 イベント情報
お客様へ
JAたいせつ米
【大雪山の雪流水が育ての源】
自然のミネラルをいっぱい吸収、元気なお米です。
大雪山の自然がもたらす雪流水。それは 大自然のミネラルをたっぷりと含んだ清流です。美味しさを幾重にも育む豊かな 自然環境が自慢のお米です。

【道内最高位ランク獲得】
噛めばかむほど、おいしさが広がります。
JAたいせつ地区のお米は、生産力・商品性・販売力で道内最高ランクを獲得した、名実ともに美味しいお米です。広がるおいしさをお楽しみ下さい。

【栽培履歴で安心・安全】
見えないところだからこそしっかりチェック。
JAたいせつ地区では独自の基準を設け栽培履歴書の提出を義務づけています。安心してお米を食べていただけるよう、生産者とともにしっかりチェックしています。

【美味しさをきっちり管理】
いつでも最高のおいしさを。
収穫されたお米は品質と鮮度を保つために徹底した品質管理マニュアルに沿って低温倉庫に保管。皆様へ「いつ食べても同じ味わい」でご提供いたします。
北海道から世界へ 「JAたいせつ米」の発信

 2012年6月に「Wakka Japan」が輸出事業パートナーとなり、香港へ3tの輸出を開始。
販売拠点は2013年に台湾、シンガポール、2016年にハワイと各国へ拡大し、2017年に出荷した平成28年産米は269.7tとなり、取扱量は6年間で開始当初の8,990%まで拡大しています。
 2018年は前年と同等の出荷を計画しており、更なる販売拠点拡大へ向けて「Wakka Japan」への連携・協力を図り、「北海道から世界へ」安心・安全な「JAたいせつ米」を発信して参ります。



 

大雪山見て育ったの「ななつぼし」

 雄大な大雪山連峰をはじめ、緑豊かな山々に囲まれた北海道屈指の米どころ「あさひかわ」では、大雪山を源とする豊かな伏流水と肥沃な大地、盆地特有の昼夜の寒暖差など、恵まれた環境と生産者の米づくりへのこだわりが一体となって、美味しいお米を育んでいます。
  「大雪山見て育ったの」は、JAあさひかわ・JAたいせつ・JA東旭川・JA東神楽(西神楽地区)と旭川市などで構成する旭川米生産流通協議会が、美味しさの目安である”タンパク質含有率”と”高整粒”に独自の基準を定めた高品質米「ななつぼし」だけを使用した市内4農協の統一ブランド商品です。

全国でも注目の美味しさ!道産米「ななつぼし」


  毎年、(財)日本穀物検定協会では、全国の産地米を試食して「お米の食味ランキング」を発表しています。複数産地のコシヒカリブレンド米を基準に比較し、道産米「ななつぼし」は最も美味しいとされる「特Aランク」の高い評価を受け、全国でも注目されています。

美味しいお米のヒ・ミ・ツ


  お米には、タンパク質・脂質・炭水化物(デンプン)・ビタミン等の成分が含まれており、中でも美味しさを左右するのがタンパク質とデンプンの含まれる割合で、デンプン成分のアミロース含有率が低いと粘りが強く、また、タンパク質の含有率が低いと柔らかい米になります。一般的に美味しさは、視覚(白さ・つや・形)、嗅覚(香り・風味)、聴覚(噛んだ時の音)、触感(粘り・硬さ)、味覚(うま味)等を総合的に判断しますが、目安としてタンパク質とアミロース(デンプン成分)の低いお米が美味しいとされています。

〜旭川米生産流通協議会とは〜


旭川市内4つのJA(【JAたいせつ】東鷹栖・鷹栖地区 【JAあさひかわ】神楽・神居・永山・旭正・北野地区 【JA東旭川】東旭川地区 【JA東神楽】西神楽地区)が協力し、高品質米の生産と旭川ブランド米の確立を目的に様々な取組を行っています。その取組の結晶である「大雪山見て育ったの」を皆様にお届けします。
>お客様へ
>JAたいせつ米
>大雪山見て育ったの
>主なお取引先
>農薬節減米きたくりん